ポイントカードに関する情報が満載!

ポイントカードを導入するビジネスモデル

お店にもっとたくさんの人に来てもらいたいと思う時に打つ施策の一つにポイントカードの導入があります。
利用客にとって、ポイントがたまって還元されるのであれば、得をした気分になり、店側としても貯めたポイントを使ってもらうことで、顧客の囲い込みができるメリットもあり、ひとつのビジネスモデルであるといえます。
しかし、自分のお店だけで貯まる使えるポイントでは、その効果も限定的なものになってしまう可能性もあります。
そこで、効果的なのは、大手ポイントカードとの提携です。
大手のポイントカードは、利用できる場所が多く、ポイントが貯まりやすいのが、利用者にとっての最大のメリットとなります。
ポイントを意識して貯めている人の中には、ポイントが貯まるから、ここで買い物をするなど、ポイントありきで買い物をする場所や買うものを決める人もいます。
自分の店だけで利用できるポイントより、様々なお店で利用できるポイントを導入した方が、メリットがあるといえます。
せっかく導入するのでしたら、最大限に効果を発揮できる様にすべきではないでしょうか。

ポイントカードを使ったビジネスモデルの転換

種類は違えど誰もが1枚は持っているであろうポイントカード。
近年企業のビジネスモデルがポイントカード主体になってきているところも少なくない。
従来の買い物の金額ごとにスタンプやポイントが増えていくカードもあれば、クレジットカードの利用にもポイントがつくことが多い。
とりわけ近年増えているのがチャージ式の電子マネーと連携させて、特定企業の運営するサイトのポイントが付与されていくもの。
チャージ式電子マネーを使えるお店が増えるにつれ、全体の利用額も膨らんでいる。
利用者は様々なシーンでチャージ式電子マネーで支払いをしてポイントを得る、企業側にとっても顧客を取り込めるとあって双方にメリットが大きい。
そのため企業側もポイントカードを軸にビジネスモデルを組み立てていく必要がありそうです。
巨大なマーケットとして期待できるため、これからさらに広く普及していくことは容易に想像できます。
一般利用者である我々もどうせ同じ金額を支払うならば、ポイントも一緒に貯めることができるという部分は魅力です。
支払いをある程度一本化して効率よくポイントとしてキャッシュバックできれば、家計の負担も減らすことができるかもしれません。
ポイントカードを上手に活用して豊かな暮らしをしていきたいものですね。

Valuable information

太陽光発電 見積もり

Last update:2017/11/30

COPYRIGHT(C) お得なポイントカード ALL RIGHT RESERVED